DIARY

美大院修了後、英国で遊学し2016年4月に帰国。すきなこといっぱいやりたいこといっぱい。

the V&A museum

f:id:onemu27:20151130232229j:image
▽the V&A museum // South Kensington ST

今回のクラスアクティビティはここです!
この博物館で気になるものを見つけてPassive (受け身)を使ったエッセイを書くこと。

前回来た時は3時間かけて1階しかみれなかったから、また来れて嬉しい。
先生がRina,Ceramic is stage 6.You should go.と。
わたしが陶芸の勉強をしていたのを知っているので教えてくれました。

さっそく1人でエレベーターに乗って上の階へ。
クラスメイトも私が大学で陶磁をしていた事を知っているので
I know you like ceramics~~.
とニヤニヤしながら追いかけてくれました。

f:id:onemu27:20151130225921j:image
1階にはトルコ、韓国、中国、インドネシアと様々なゾーンがあって、
それぞれの歴史的な物が展示されています。
家具や布やタイルや食器があるのでそれだけだと思っていたら、セラミックゾーンが…!

f:id:onemu27:20151130230539j:image
日本ではパール釉と言うんでしたっけ。
こんなにも沢山みたのは初めて。

f:id:onemu27:20151201004506j:image
バーナードリーチ、河井寛次郎、富本憲吉、浜田庄司、、、。

f:id:onemu27:20151201065716j:image
ここに来る前、何を作るのがいいのか分からなくて苦しくなっていたけど
もっともっと楽しく自分が作りたいものを素直に作ればいいんじゃないかなと思い始めました。

f:id:onemu27:20151201070354j:image
建物が高くて広いので展示もスッキリしていて見やすく感じる。疲れることはほぼない。足は痛くなるけど。

f:id:onemu27:20151201070752j:image
近年活躍している作家さんの作品も展示してあって、おお!この方知っている…!すごい!と驚くことも沢山ありました。

素晴らしい場所に自分の作品が展示されるってすごい事だなあ。


まだまだつづくよthe V&A museum。